着火マン現る

お邪魔させて
いただいているブログの
あちこちで去年
下駄を見た。
室内履きの下駄や、
スリッパに近い
ふわふわ素材のもの。
去年の夏の終わりに
い草製のものを
見つけて迷ったが、
購入にいたらなかったのは
夏の終わりだったからである。
そして迎えた今年。
『ゲタル』なる履物に
一瞬で火を点けられた。
本人でさえ忘れていたのに
燻る火を見出して着火する
とは、北の御仁の手腕、
さすがとしか言いようがない。
何か買おう。和の履物。

画像


鼻緒が和テイスト、
タオル地ビーサン。
折衷的履物に落ち着いた。
若すぎず、
大人すぎずの私には
この中途半端さが
ちょうどいい。